About this study group

「過去建築圏」からの分離を求めて東京大学を卒業する学生たちが分離派建築会を結成して、まもなく100年を迎えます。

この運動は、20世紀への世紀転換期ヨーロッパ美術界におけるアカデミズムからの分離運動に刺激されて、建築における芸術性の解放を目指した若者たちによる瑞々しい運動として、近代建築の歴史に刻まれています。本研究会では、分離派建築会発足100年を見据えて、現代建築に通じる重大な岐路のひとつであったこの運動の実態と意味とを問い直すことを目的としています。

1920 分離派建築会
結成
2020 結成から100年

連続シンポジウム

春秋(京都/東京)の年2回、2020年まで計8回の開催を予定しています。

  • 分離派建築会発足と「創作」の誕生

    2017年7月8日(土)

    <日 時> 2017年7月8日(土)13:00~17:30
    <主 催> 分離派100年研究会
    <会 場> 京都大学吉田キャンパス 百周年時計台記念館 2階 国際交流ホールⅢ
    ※ 参加費無料/申込不要

    ポスター:
  • 開  会: 杉山真魚(岐阜大学 准教授)

  • 趣旨説明: 田路貴浩(京都大学 准教授)

  • 長谷川堯(武蔵野美術大学 名誉教授)|「自己の拡充」の意義――後藤慶二から分離派へ

    建築設計において、設計者自身の「自己」を、建築表現に不可欠な主体者として認めるかどうかを巡って、その必要性を主張する「建築芸術派」が、1910年代の日本の芸術界全般の動きの中で台頭してくる。これに対して、東大建築科のいわゆる「構造派」の教師陣が中心となり、野田俊彦の「建築非芸術論」を前面に押し立てて、猛烈にこれに反発し、教育上のその締めつけが、やがて20年の「分離派建築会」の設立の直接の契機となったとされている。一方、両派の鋭い対立の狭間で、すぐれたデザイナーであり、また先進的な構造技術者でもあった後藤慶二は、「自己の拡充」こそが、最も主要な関心事だと、10年代半ばに書いている。ここではその真意を探り、その後の「分離派」の登場と、彼らの設計者としての軌跡についてあらためて考えてみたい。

    長谷川堯『神殿か獄舎か』鹿島出版会;「大正建築の史的素描」、建築雑誌、1970年1月号

  • 南明日香(相模女子大学学芸学部 教授)|大正期の美術における「創作」意識

    建築設計において、設計者自身の「自己」を、建築表現に不可欠な主体者として認めるかどうかを巡って、その必要性を主張する「建築芸術派」が、1910年代の日本の芸術界全般の動きの中で台頭してくる。これに対して、東大建築科のいわゆる「構造派」の教師陣が中心となり、野田俊彦の「建築非芸術論」を前面に押し立てて、猛烈にこれに反発し、教育上のその締めつけが、やがて20年の「分離派建築会」の設立の直接の契機となったとされている。一方、両派の鋭い対立の狭間で、すぐれたデザイナーであり、また先進的な構造技術者でもあった後藤慶二は、「自己の拡充」こそが、最も主要な関心事だと、10年代半ばに書いている。ここではその真意を探り、その後の「分離派」の登場と、彼らの設計者としての軌跡についてあらためて考えてみたい。

    南明日香「高村光太郎とロダンの言葉 ─造形の言語から文学の言語へ」、相模女子大学紀要 A 人文・社会系、64A、2000

  • 飯嶋裕治(九州大学基幹教育院 准教授)|分離派建築会の思想史的背景──和辻哲郎を中心に

    本発表の課題は、分離派建築会による「芸術としての建築」という主張が提起されてくる背景を、明治末から大正期にかけての思潮の中に探ることにある。そこで注目したいのは、分離派の若き建築家たちよりも数年年長で、当時文壇・論壇で活躍し始めていた和辻哲郎の動向である。西洋近代の「芸術」観の受容や教養主義といった時代背景の下で、和辻が「自己表現」としての創作や「民族」の根源的な想像力・創造力についてどんな思想を語り出していたかを見ることで、特に堀口捨己との注目すべき同時代性を確認できるはずである。

    飯嶋裕治「大正改元期における和辻哲郎と田中王堂 ─教養主義・ニーチェ解釈・日本文化研究─」、比較文學研究、100号、2015年6月

  • 笠原一人(京都工芸繊維大学 助教)|武田五一のセセッション受容と創作

    武田五一は、日本においていち早くヨーロッパのセセッション(分離派)を紹介し、そのデザインを普及させた建築家として知られる。しかしその活動は単なる紹介に留まらなかった。武田は、新しい建築は日本の伝統や独自の風土性を基に創られるべきだと考え、本質的な意味での「日本のセセッション」の実践を試みた。そのデザインや方法はいわゆる折衷主義的なものであったが、そこには「建築進化論」を唱え「妖怪」を好んだ建築家伊東忠太の影響が感じられる。武田と伊東を繋ぐことで、日本のセセッションのもう一つのルーツを探ってみたい。

  • 討論 大正時代と「創作」の誕生

  • 長谷川堯・南明日香・飯嶋裕治・笠原一人|モデレーター:市川秀和(福井工業大学 教授)

  • 閉  会: 加藤耕一(東京大学 准教授)

分離派100年研究会メンバー

(敬称略・五十音順)

天内 大樹

静岡文化芸術大学

池田 祐子

京都国立近代美術館

市川 秀和

福井工業大学

大村 理恵子

パナソニック汐留ミュージアム

岡山 理香

東京都市大学

勝原 基貴

文化庁国立近現代建築資料館

加藤 耕一

東京大学

河田 智成

広島工業大学

菊地 潤

設計士・オガワホーム株式会社勤務

近藤 康子

京都橘大学

杉山 真魚

岐阜大学

大宮司勝弘

東京家政学院大学

田路 貴浩

京都大学

田所辰之助

日本大学

角田 真弓

東京大学

リンク集

Partner 1

催事案内をご希望の方へ

シンポジウム等の情報をご希望の方へメールでご案内いたします。お名前とメールアドレスをご登録ください。